お知らせ

2022年10月3日  ちぐさ賞は小玉勇気(ベース)に決定しました

2022年10月2日  いよいよライブ選考! ライブ中継はfacebookで

2022年9月27日  ジャズ喫茶ちぐさ理事筒井之隆著「鎌倉ジャズ物語」10/7発売

2022年9月12日  第9回ちぐさ賞ライブ選考進出者4人が決定しました

2022年9月11日  横濱ジャズプロムナード連動のライブを開催します

2022年9月5日  第9回ちぐさ賞のYouTube審査を開始します

2022年6月9日  第9回ちぐさ賞の募集を10日から開始します

2022年6月8日  第8回ちぐさ賞中根佑紀が大隈記念講堂のライブに出演

2022年5月24日  Pray for Ukraine Concert みなとみらいで開催

2022年4月29日  ジャズ喫茶ちぐさは建替でみなとみらいに仮店舗5/1(日)Open

過去のお知らせは、こちら


新着情報  CHIGUSA Records Topics


ちぐさ賞は小玉勇気(ベース)に決定しました

  第9回ちぐさ賞の最終選考が10月2日(日)横浜市中区の関内ホール(小ホール)で行われ、小玉勇気(ベース/堺市生まれ)に決定しました。最終選考は4組が15分ずつ演奏する形式のライブ審査を実施しました。また、優秀賞(次点)は菊池光太郎(ベース)、瀬川昌久記念賞は井口大夢(ピアノ)、審査員特別賞は古山雄大(ドラムス)、が受賞しました。

 審査委員長代理の小針俊郎氏は「ベースの王道を行く外連味のないベースがすばらしい。いま迄に身につけられたものを、これからも脇目もふらず磨き上げてほしい」と語っています。

■小玉勇気(ベース/こだまゆうき・1996年堺市生まれ) 
 神戸の甲陽音楽学院在学中よりプロとして活動を開始。Bob Sheppard (sax), David Boyle (tb),宮崎隆睦(sax)等と共演。高槻ジャズストリート2017にてThe Global Jazz Orchestra として高槻現代劇場、FM COCOLOステージに出演。2017年秋よりアメリカのバークリー音楽大学へフルタイムの全額奨学金を獲得し留学。Steve Bailey, Ralph Peterson Jr., Joanne Brackeen等に師事。2019年春に同大学を卒業。2019年秋から2020年春までニューヨークに滞在。Vincent Herring(sax), Bertha Hope(p)らと共演。2020年1月11日ピアニスト鈴木瑶子と “ Yoko & Yuki Duo Project “ 名義にてファーストアルバムをリリース。2021年秋より拠点を関東へ移し、活動中。

■受賞のコメント
 今回のちぐさ賞選考会で広さや音響等含めてホールでのライブの難しさを痛感しましたので、ホールで演奏する機会は自分の経験としても増やしていきたいです。ライブは今までもこれからも、来られた方々に来てよかったというだけでなく、また来たい、聴きたいと思っていただけるよう、一つひとつ全力を尽くします。今後はたくさんのミュージシャンから一緒にやろうと求められるベーシストになりたいと思います。

■ちぐさ賞概要
  応募資格 個人での応募(グループ不可)

       ジャズのボーカリスト・楽器奏者、年齢満35歳以下、
       国籍不問(外国籍の方は日本を主体に活動していること)
  審査委員 今田 勝  (審査委員長・ジャズピアニスト・体調不良で欠席)
       小針 俊郎(横浜JAZZ協会副理事長) 

       中村 誠一(サックス奏者)
       纐纈 雅代(サックス奏者)     

       藤澤 智晴(ジャズ喫茶ちぐさ代表理事)
  決戦出場者 井口大夢(ピアノ)、菊池光太郎(ベース)
        古山雄大(ドラムス)、小玉勇気(ベース)
  アナログレコード制作・発売 2023春を予定します


いよいよライブ選考! ライブ中継はfacebookで

いよいよ、第9回ちぐさ賞のライブ選考が始まります。関内ホールの小ホールで14:00開演ですが、facebookページ( https://www.facebook.com/jazzchigusa )で、ワンカメフィックスですがライブでお伝えできます。後日編集したものをアップすることにしていますが、ぜひとも、ちぐさ賞の決定の瞬間(16:30すぎ)をぜひともご覧ください。


ジャズ喫茶ちぐさ理事筒井之隆著「鎌倉ジャズ物語」10/7発売

 

 現存する日本最古のジャズ喫茶ちぐさの理事で、来年完成する「ジャズミュージアムちぐさ」の館長に就任する筒井之隆が、今まで知られることのなかった伝説のピアニスト・松谷譲ゆかりの人々を2 年間にわたり取材し、このたびその評伝を中央公論新社から出版することになりましたので、お知らせします。

 

 

鎌倉ジャズ物語 ピアニスト・松⾕穣が⽣きた進駐軍クラブと歌謡曲の時代

 

四六判・224 ページ
10 月7 日発売
価格1,980 円(税込)
中央公論新社


第9回ちぐさ賞ライブ選考進出者が決定しました

10/2(日)横浜関内ホール(小ホール)で行われる「第9回ちぐさ賞ライブ選考」に出場するミュージシャンは、9/5〜11のYouTube審査を経て、下記4人の方となりましたので、お知らせします。みなさんのご健闘をお祈りします。

応募曲のYouTubeはこちらのページからご覧ください

 

Entry No.1  井口大夢(p)

2002年宇都宮市生まれ。宇都宮短期大学附属高校音楽科卒業。宇都宮短期大学音楽科2年在籍。4歳よりエレクトーンを始める。高校よりピアノを始める。また、高校卒業まで宇都宮ジュニアジャズオーケストラに所属し、9年間ベースを担当する。大分県情報サービス産業協会主催コンピュータミュージック「サウンズコンテスト」第24回と第27回において、最年少での第3位受賞。高校在学中に演奏活動を開始し、数々の有名ミュージシャンと共演を果たす。現在は大学に通いながら栃木県のみならず北関東を中心に演奏活動に励んでいる。これまでに、エレクトーンを倉沢大樹、中島望、ジャズピアノを熊谷ヤスマサ各氏に師事。

 

 

Entry No.2  菊池光太郎(b)

1997年郡山市生まれ、宮城県仙台市育ち。仙台市内の高校を卒業後千葉大学モダンジャズ研究会に入部コントラバスとジャズを始める。在学中に楠井五月氏に師事し、後にプロキャリアをスタートさせる。サポートのベーシストとしてはジャンルを選ばずパワフルなビートを売りとしている。また自身のバンドの企画"My Songs &more"では色彩感覚鮮やかでキャッチーなアレンジ、コンポーズで在住の千葉、地元仙台でのライブの成功を収めた。2022年1月に本選の行われた品川区ジャズフェスティバルアマチュアジャズコンペティションにて最優秀賞を受賞するなど、都内及び首都圏での活動やパフォーマンスの幅を広げている。

 

 

Entry No.4  古山雄大(ds)

1995年東京都生まれ。12歳より打楽器を始める。中学、高校では6年間吹奏楽部で活動する。国際基督教大学(ICU)入学後、同大学のビッグバンドサークルに入ったのを機にジャズを始める。2019年、第4回Seiko Summer Jazz Campに全国からのオーディションを通過し参加。Quincy Davis(ds)、大林武司(p)、中村恭士(b)(敬称略)等アメリカの第一線で活躍するプレイヤー達から指導を受ける。また、同キャンプ最終日のガラコンサートではキャンプ講師でもあるDiego Rivera(sax)とビッグバンドで共演した。現在は都内を中心に演奏活動中。2022年7月には新宿Pit Innに出演する等活動を広げている。ドラムを木村創生、桃井裕範に、作曲を桃井裕範に師事。

 

 

Entry No.5  小玉勇気(b)

1996年堺市生まれ。神戸の甲陽音楽学院在学中よりプロとして活動を開始。Bob Sheppard (sax), David Boyle (tb),宮崎隆睦(sax)等と共演。高槻ジャズストリート2017にてThe Global Jazz Orchestra として高槻現代劇場、FM COCOLOステージに出演。2017年秋よりアメリカのバークリー音楽大学へフルタイムの全額奨学金を獲得し留学。Steve Bailey, Ralph Peterson Jr., Joanne Brackeen等に師事。2019年春に同大学を卒業。2019年秋から2020年春までニューヨークに滞在。Vincent Herring(sax), Bertha Hope(p)らと共演。2020年1月11日ピアニスト鈴木瑶子と “ Yoko & Yuki Duo Project “ 名義にてファーストアルバムをリリース。2021年秋より拠点を関東へ移し、活動中。


横濱ジャズプロムナード連動ライブを開催

10月8、9日に4年ぶりの有観客ライブを実施できる横濱ジャズプロムナードは、今年で30年目を迎える日本を代表するジャズイベントですが、市内各ライブハウスでも連動したライブを開催しています。現在、ジャズ喫茶ちぐさは建替えのため、みなとみらいの仮店舗で営業していますが、この2日間もライブを開催します。第3回ちぐさ賞受賞者のフルート奏者・小川恵理紗、同第7回のピアニスト・松岡杏奈、同8回のサックス奏者・中根佑紀の3人をはじめ、第20回日本ジャズボーカル賞新人賞受賞のハマっ子ジャズシンガー彩木香里が名ピアニスト山本剛と組んだライブも企画しました

10月8日(土) 横濱JAZZプロムナード2022
 13:00~15:00 中根佑紀クァルテット 会費¥2,000
 16:30~18:30 彩木香里+山本剛トリオ 前売¥3,500 当日¥3,800
10月9日(日) 横濱JAZZプロムナード2022
 13:00~15:00 小川恵理紗クァルテット 会費¥2,000
 16:30~18:30 松岡杏奈トリオ 会費¥2,000

 

電話かメールでお申し込みください ▶ 070-8348-8409 jazzchigusa@gmail.com


第9回ちぐさ賞のYouTube審査を開始します

第9回ちぐさ賞のYouTube審査を下記専用ページで、9/5午前0時から9/12午前0時まで実施します。この6人の中から10/2のライブ選考に残る3〜4人が決まります。みなさまの視聴回数、コメント数、高評価数はそのまま評価点数とはなりませんが、審査の参考にさせていただきます。みなさん応援してあげてください。ライブ選考進出者は9/12にこちらで発表します。

 

YouTube審査専用ページはこちらからどうぞ

 


第9回ちぐさ賞の募集を開始します

応募はこちらの応募フォームからお願いします


第8回ちぐさ賞中根佑紀 大隈記念講堂ライブに出演


Pray for Ukraine Concert 開催します


みなとみらいのグリーンスポットでジャズミュージアムをプレオープン

ジャズ喫茶ちぐさは、創業90周年にあたる2023年3月11日、博物館機能を備えた「Jazz Museum CHIGUSA」として再出発するため建替え中です。それまではみなとみらいのグランモール公園1階にある「グリーンスポット」で仮営業しています。ぜひお立ち寄りください。

場所は少しわかりにくいでしょうが、ランドマークプラザとクイーンズスクエアの間の1階レベルです。彫刻家・最上壽之のステンレスのオブジェ「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」が2階レベルに設置してあるグランモール公園の1階部分です。ランドマークプラザからもクーンズスケアからも、ハードロックカフェや椿カフェを目印にしてきていただき、横浜美術館方向に曲がると右手に「グリーンスポット」という横浜市の施設があります。